目標は目の前の仕事に一生懸命取り組んで、今よりももっとスキルアップすることです。

椿 龍介

技術職(開発設計)平成26年入社

椿 龍介

入社理由は?

とにかく、設計の仕事がしたかったのが第一理由です。大学で勉強したCADについて更に勉強したいと思い、技術職の仕事を志望しました。また、出身が新潟県だったこともあり新潟県の農業を盛り上げていきたいと考え、地元で農業機械を自社開発している大島農機に入社しました。

仕事内容は?

現在は籾摺機の改良設計・開発を行っております。机に向かってCADで製図することはもちろんですが、実際に試作機を組立て、試験を行って性能評価までやっています。耐久試験として籾摺機を何百時間も動かしたこともありました。
また、製品の開発が終わり、生産ラインで製造され始めたあとも仕事はあります。ラインの作業者から組立についての質問に答えたり、生産過程で問題が起こったときにも逐次対応しなければなりません。ときには現場からの要望をとりいれて、生産しやすいように改良設計をやったりしています。開発設計はパソコン作業だけではないとつくづく感じます。

椿 龍介 仕事風景1

一番大変だったことは?

まずは新機能を一から考えるところが大変でした。何も形がないところから実際にイメージしていかなければなりませんから。また、必要とされる機能を限られた範囲のなかに盛り込むのにも苦労しました。籾摺機のなかには、籾摺り、選別する機構をはじめとして、様々な機構を内包しています。特に私が担当した機種は小型のものでしたので、既にある機構の部品類と接触しないように、うまく新機能を追加していくのが非常に大変でした。

これからの目標は?

まずは目の前の仕事に一生懸命取り組んで、今よりももっとスキルアップすることです。また、これから団塊の世代の方々が続々と退社していきますので、ベテランの方々がまだ会社にいるうちに知識やスキルを吸収していきたいと思っています。

椿 龍介 仕事風景2

就職活動中のみなさんへアドバイス

平面の図面からどのような形の製品になるのかをイメージできるようにしてください。自分の思い描いた構想が実現できるかどうかが設計の第一歩です。また、わからないこと、困ったことがあったら恥ずかしがらず人に聞く癖を付けましょう。社会人はわからないことを聞かずにいると、他人からは理解していると捉えられてしまいます。

最後に、自分の夢や目標に向かって、諦めずに頑張って下さい!

INTERVIEW 大島農機 新潟県上越市